【動画】「がんばるな、ニッポン」サイボウズCM話題に賛否の声

「経営者のみなさまへ、通勤をがんばらせることは、必要ですか?」――日本中が先の見えない新型コロナウイルスの不安に包まれる中、そんな問いかけで始まるサイボウズのテレビCMが大きな話題を呼んでいる。「がんばるな、ニッポン。」という印象的なフレーズで締めくくられるこのCMには、「通勤でつらい思いをしている人に寄り添っている」という賞賛の声があがる一方で、「『がんばるな』というフレーズにはモヤモヤする」「ACのCMかと思った」など、賛否両論の意見が寄せられているのだ。

<引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2c332a188335f2a8ddcd67eb13032339313f93>

スポンサーリンク

この芸能ネタへのネットの声

名無しさん
頑張るけど、無理はしない。
無理をして頑張ることが美徳とされたのは今は昔。無理して体や心を壊してたらそれこそ頑張れない。
頑張る時は頑張って、力抜くときは抜く。
メリハリのある働き方がきっと効率もあげることに繋がる。
返信109
名無しさん
頑張るか頑張らないかの2択しかないわけじゃなくて、そう、無理をせずメリハリつけて、というニュアンスは汲み取りたいところ。
頑張るなイコール仕事しなくていいとか、そんな意味ではない…友達や家族、恋人に「無理はしないでね」というのを端的に鋭く言い換えるとこうなるのかな。
名無しさん
仕事中頑張れない人も多いですけどね。
大抵の人は頑張りすぎやとは思いますが、頑張って仕事覚えてこない、遅刻する。
平気な人がすごく増えてきた。
頑張らなあかんのは頑張らなあかんと思いますが、頑張りすぎないことはすごく大事かなと。
日本人は勤勉ですからね。
心と体に無理のない程度に頑張ってもらいたい。
hi
私頑張ってるんです!と空回りする人もいるんで、頑張るじゃなく成果を出す。
あの人より私の方が頑張ってるのに、じゃなくて、少ない労力でいかに成果を出すか考えられる人がこれからはさらに大事。
竹原ライフル
一昨年の西日本豪雨のボランティアで、倉敷のセンター長が熱中症を防ぐために「頑張るな」と声をかけたのは今も忘れられない。
名無しさん
精神論でがんばるなという意味と解釈しています。
満員電車に”がんばって”乗る必要はないです。
会社でも、成果が大事なのであって、”がんばり”は必須ではありません。要は、頭のよいやり方を見つければよいわけです。
名無しさん
私のモットーは「適当に」です。いいかげんて意味じゃないですよ。漢字で表されているように、「適切に当てはめる。適切に当たる」て意味合いで使ってます。
頑張りが必要な時は頑張る、必要ないなら適度に力を抜く てな感じです。人生一度きりなんだから、自分流に楽しんだ方が良いなと思ってます。 賛否あるでしょうが
名無しさん
会社員でいると、なんだか上を目指さなくていけないような空気や、収入を上げたいとか、プライドとかがはびこってるけど、私は本人次第で良いんじゃないかなって思うようになりました。
無理はしない程度に頑張って、出世とか賃金もほどほどで終わるだろうけど、仕事やお金よりも個々の幸せを考えても良いんじゃないかな。
幸せが出世や賃金なら、頑張って高みを目指せば良いでしょう。そういうポジティブな人もいる。だけど、そういう人ばかりではないと思う。
名無しさん
「がんばるな」というメッセージは色んな方面に向いていて、テレワークできない企業まで頑張ってテレワークしようとして、結果的に業績落としたりしないようにねって意味で受け取ってもOKだと思う。
もちろんCM製作者側の意図とは違うでしょうが、他人にだったり、自分にだったり、もの凄く高いハードルを設けがちだけれども、もう少し肩の力を抜いて、自分の出来る範囲でのがんばりをすればいいんじゃないかと私はこのCMの内容を受け取りました。
スポンサーリンク
ポンペオこそ世界基準
仕事が分業化されてる企業だと
達成感はあまりないためにストレスを
抱えやすく、休みも義務的になり疲れが
取りづらいです。
上司と部下同士の風通しが悪いと
不正が起きやすいですし、パワハラやセクハラ、モラハラも発生します。
私が転職したところは
「仕事をするときはみんなで一緒に
役割分担は決めてしっかりやろう」
「休むときはめいいっぱい休めるように
GW9日休み、夏季休業・年末年始休業は6日休み、それ以外に社員旅行が3〜4泊あり、バーベキューや食事に行ったり、仕事を忘れて休もうと社長さんが気を配ってます。休憩時間も2時間あり、好きな所に食べに行けます。」
皆さん。景気に左右されない業界はありますから、その企業だけに捉われず、自分が打ち解けて楽しんで行ける会社に働いたほうがいいですよ(๑´ㅂ`๑)
名無しさん
結果を出せばうちの会社は何しても良い風潮。
早く帰ろうが昼に出勤しようが、残業も勿論強制などなく自己判断。
俺は金が欲しいから結果が出た月でも歩合欲しさにもっと頑張る。
仕事に対する考えは人それぞれ。
頑張りたいなら頑張れば良いし、頑張りたくないなら辞めれば良い。
ただそれだけ
名無しさん
そう、それが正解ですね。
頑張らなくていいではただの甘やかし。
それこそ演劇でみんなお姫様、お手々つないでゴールしてみんな一等賞、甘やかし保育そのものです。
頑張ってる人がいてくれたから豊かな社会になった。
先人が築いてくれた豊かな社会にあぐらをかいて頑張らなくていいはちょっと違う。
限界を超えない程度の加減は大事ってだけ。
名無しさん
頑張りたくない人は頑張らなければいいし、
頑張りたくても頑張れない人も無理しなければいい
俺は頑張れるから頑張るよ、頑張るな、と言われてもね。
名無しさん
皆さんの逡巡がとても理解できます。
真実はひとつではないし、その人の今の助けになる言葉は皆同じではないと思います。
メリハリ、一辺倒になりすぎず足枷から自由になってほしいです。
この件に関しては私は、あなたに必要じゃなくても、だれかに必要な言葉を言ってくれたかと思います。
名無しさん
日本人には「苦痛信仰」ってのがある。苦痛、理不尽、不合理に耐えたら人間的成長が叶うという根拠なき信仰だ。
これは逆に言うと「楽をすること」「苦労なく目的を達する事」を不浄と見る傾向に繋がる。
不味い方が青汁が売れたり、無痛分娩が諸外国に比べあまり利用されなかったり、エアコン付けずに死ぬ年寄りが居たりするのはその1例。
で、最大の問題が、楽をすること、仕事を楽にする事=効率化を嫌う人間が少なくないって事なんだよ。古く非合理で苦労の伴う労働を変えようという意識が起きにくい。
日本の労働生産性が低いと言われる大きな要因はそれと思うんだよね。
名無しさん
個人的には良いキャッチフレーズだと思う。
仕事で病んで長期休暇を取った人と飲んだことがあります。
その人曰く
「本当に病んでる人にとって一番辛い言葉は『頑張れ』です」
「頑張りたいけど頑張ろうとする気持ちなった瞬間に身体がおかしくなる」
本当に病んでる人にとっては「頑張らなくていいよ」「自分のペースでやれることをやればいい」がいちばんの薬らしい。
まあそもそも人と接する事すらままならなくなるらしいが。
今の日本は自粛警察のように病んでる人が多い。
その病んでる日本は今、頑張らなくて良いと思いますよ。
負けるが勝ちよ
持続して頑張る先にゴールが見える、
もしくはいずれゴールするなら
わかりますが、延々と苦痛と我慢
だけを強いられる先に意義があるのか。
それに気づいているが、避けようと
しないのか?
今試されているような気がする。
スポンサーリンク
名無しさん
何を頑張り、何を頑張らないのか。頑張る時期はいつで、頑張らない時期はいつなのか。そして、どのレベルまで頑張ったほうがよくて、どのレベルまでは頑張らないほうがいいのか。
と言うけど、結局それを必要としてる人には教えないんでしょ。黙って頑張ってもらうほうが金になるもんね。
名無しさん
昔と今との仕事量がそもそも違う。平成半ばまでの働き方仕事ぶりを今の若い人が聴いたら、同じものを売る仕事でも内容の違いに驚くと思う。
名無しさん
その通りだと思います。
無理して身体でも壊したらそれこそ長期療養、抜けた穴をどう塞ぐ?何時まで?どこから?になります。明日頑張るために今日しっかり休みましょう。メリハリ大事。
機械だって常にフルスロットルでメンテしないとすぐ壊れるんだから…
名無しさん
ボクシングに例えるなら、出すパンチを全て渾身のストレートにしてしまうとスタミナがもたない。
渾身のストレートを確実に当てるためにジャブや、フェイント、緩急をつけてここぞと言うときに繰り出す。
仕事にも当てはまると思いますね。
1日全ての仕事を全力でこなしてたら、精神というスタミナがもたない。
適度に休憩というクリンチを入れたり、適度に手を抜くというフェイント入れたりして上手く立ち回ればきっとうまくいくんではないかと!
仕事のできる人は、手の抜き方が上手いというか、抜いていいところと脱いちゃダメなところがわかる人なんだと思います。
来週も気楽にいきましょう!
名無しさん
いつも思いますがその言葉の向こう側にあるメッセージを読み取れない人が多すぎますね。
日本語のニュアンスってそもそもそういう面もあるはず。
要は『頑張りすぎるな、ニッポン』という事ですよね。
物事には賛否はつきものだが、何でも批判から入る人には『批判ばかりにそんなに頑張りなさんな』と言いたい。
人生疲れないかね。
名無しさん
スポーツでもなんでもそうだけど、自分が限界だと思ったその一歩先に無理して踏み込むことで更に上の世界が見えるっていうこともあるけどね。
まあ、みんながみんなそんなに頑張らないでいてくれた方が、敵が少なくなって都合がいいと思う奴もいることだろう。
名無しさん
何事も犠牲的奉仕精神が美徳とされてたのは崩壊してるよね。cybozuもいい会社だなって思う。
がんばるもがんばらないも他人じゃなく自分で決めたい。自分で「そこじゃない」ってとこにがんばったって何も得られないし。
仕事は楽しんでがんばりたい。けど満員電車で様々な不快に耐えて通勤するのはがんばるとこじゃない。
名無しさん
テレワーク中心に反対されている方もいますが、やってみるとかなりいいです。
注意点としては、集中し過ぎて、業務時間過ぎるとクタクタになる。
集中できるので頑張り過ぎちゃいます。
(。>﹏<。)
>頑張るけど、無理はしない。
無理をして頑張ることが美徳とされたのは今は昔。無理して体や心を壊してたらそれこそ頑張れない。
頑張る時は頑張って、力抜くときは抜く。
メリハリのある働き方がきっと効率もあげることに繋がる。
コメ主さんの意見には共感はするけど、頑張らなければいけない事と頑張らなくていい事の線引きはなかなか難しい。
頑張る事が美徳になるけど「頑張るな!」と言われたら精神論になる。
そもそも日本人は美徳とか精神論にとらわれ過ぎ。
だから頑張らない勇気という事も必要になって来るんじゃないでしょうか?
mushirobaka…
頑張るなんて無意味。やることをやる。結果を残す。それが仕事。頑張っても中身がなきゃ自己満。最終的に人が頑張ったね…て思うことが本当の頑張った証拠。まぁ…便利な言葉ってところかな。
スポンサーリンク
名無しさん
そもそも通勤なんて会社の利益には何も貢献しない
根本的には無駄なものなので頑張るも何もない
無駄なものに対しては頑張るのではなく、いかに減らすかが
正しいアプローチなんじゃないの?
名無しさん
このフレーズ、様々な震災の際に「頑張れ」が多用され過ぎたその数年後に多くの媒体で見掛け始めた。ただ、それがたまたまTVCMで出てきただけの話で真新しさなんて全くない。
頑張ることに変わりはない。要は、その頑張りをどこに注力する形にしていくかの話。
だから、これ見よがしに「頑張れ」を逆手に取ったこういうあざとい手法はあまり好きではない。
名無しさん
>mot*****
名無しさん
がんばっても重税増税アベ政権にとられる税金が増えるだけだし
一部の男性の立場なら養育費や婚姻費があがるだけ
資産家の立場なら相続でもっていかれるだけ
もうがんばれませんねえ
7月末アベ首相は銀座でステーキ
こういうのに消えるんですよねって思った
名無しさん
無理をして頑張ることも必要。
自分は無理して頑張って今の最高に幸せな地位を築き上げた。体も健康体そのもの。当たり前だが上を目指したいなら無理して頑張ることが必要。ガンバれば頑張った分必ずいい結果はついてくる。
底辺でいいなら頑張る必要はなく不幸な人生を歩めばいいだけ。貧乏とか人生においてとても不幸なことだけどそれでもいいなら頑張る必要はない。
ただそれだけ。
g
このCMのせいで人生後悔しそうな方が結構いるね。たかがテレワーク推進会社のコピーなのに。今はこういう会社、頑張ってる(笑)。急にセールス増えたね。
名無しさん
すべてを精神的なものでメッセージするのも間違ってる。
ちょっとずれてるよね。
科学的に冷静に判断して行動する事を頑張るってことだよね。
頑張るなってメッセージはこれも間違ってる。。。
名無しさん
でも誰もがみんな自分の利益だけで
自分の事しか考えない世の中になったら
世の中回らなくなってしまうと思うな。
誰かががんばっているからバランスがとれてるんじゃないのかい?
名無しさん
やりたい事を頑張るのと、やりたくない事を頑張らなきゃいけないのとでは、
健康面への影響が違いすぎる。
名無しさん
面接の時は猫被って頑張るアピールしておいて採用してもらった途端自分優先は無くね?雇われるって事はその会社の為に働くって事だからそこは忘れちゃいかんでしょ。
雇用主も働き手がいなかったら経営上手くいかないんだから従業員を駒と思わず、同志と思って大事にしないと。
頑張るときは頑張る、無理になりそうなら休む、それで良いじゃん。
そんな当たり前のことが出来ないからこんな事言うんだろうけど(笑)
名無しさん
仰る通り!
でも、なんといっても上司によるからね。
少なくともうちの上司は、悲鳴をあげてる部下の訴えを無視し、雇用形態を見直してくれないから仕方なく頑張る。
名無しさん
頑張るなより、頑張らせるな、無理させるな、強要するなって思うわ。
社員じゃなくて企業に。
メッセージを向ける相手が違う。
コロ助
〉じわじわ醸成され始めた「がんばらなくてもいい」空気感
結局はこの空気感のために日本経済は沈んでいく。
みてればわかる、無理をしないで他国に勝てるわけがない。
スポンサーリンク
名無しさん
デフレ環境下では努力しても報われないことが多い。
デフレを元のインフレに戻せばまた努力して
報われる状態が戻ってくる。
デフレを続けてる財務省が一番悪い。
wtfru
10年以上前かな。
高島礼子の栄養ドリンクCMで、旦那に栄養ドリンク飲んで”働け”と言い放つのがあり大嫌いだった。
当時それを批判しても逆にどこが悪いと言われた。
社会全体がが狂ってた。
名無しさん
>奇をてらい過ぎ。俺はなんかイラッとくるんだけども。
同意。
コメ主の言う通り。頑張るとこは頑張って、頑張らなくてもいい事は頑張らないってだけでいいのに、頑張るなって言ってる連中は、ITは否定するわ、無駄を賞賛するわ、弱体化の方に持って行こうとしてるけどね?頑張るなとか言ってんの日本だけじゃね?韓国なんてめちゃくちゃ頑張ってんじゃん(笑)。
メリハリの問題なのに一括りにして、「がんばるな(全て)、ニッポン(全て)」と読めてイラッとする。「そんな意味はありません」て言ってるけど、巧妙なプロパガンダに見えるわ。
「がんばれ、ニッポン」(メリハリをつけて頑張れの意味で、意味としては「がんばるな、ニッポン」と同じ)だったら、批判が殺到して、「一人でも不快だったら取り下げろ!」とか言い出すよ、この問題提起好き思想の人らは。
よく、「クレームが来た時にも説明できる自信もあった。」とか言えるよな。
名無しさん
俺はコメ主には反対。
IT系でも成功してる人は未だにブリブリに頑張ってるし無理してます。無理しなくていいんやーってのは逆に企業が残業代やら払える余裕ありませんってだけで、残業やらに死力を尽くす時代ではなく、ダブルワークや個人投資などで死力を尽くす時代に変わってきてるだけの話。「無理はしないでメリハリを〜」なんて経費削減の建前に踊らされてるお人好しの人は残念ながらこの先凋落していきます。結局いつの時代も死力を尽くした人だけが成功しますから、そこは変わりません。
名無しさん
自分と自分のお友達は別として、国民には「お国のために全てを捧げ、死ぬまで戦え!これこそが美しい国日本の在り方」を徹底させたいアベ総理にこのCMは目の上のタンコブなんでしょうね。
名無しさん
そこなんですよね。
「無理はするな」なら優しさの言葉だけど、
「頑張るな」は違うでしょ。
CMのような大きな声で努力を否定するようなことを
言うと、人は易きに流されやすいのだから、悪い効果が
強く出てしまう。
しかも最初から炎上商法を狙っているサイボウズの発言も
さらに不愉快さを助長する。
「挙国一致で国難を乗り切ろう!」みたいなフレーズに
軍靴の足音が聞こえて気持ち悪いから、アンチテーゼを
示してるように見える。
なおと
>頑張る時は頑張って、力抜くときは抜く。
メリハリのある働き方がきっと効率もあげることに繋がる。そうだよな?
じゃ、それを政治家にも当てはめろよ
それが効率よく働いてもらう方法なんだからさ

gaotie
頑張るべきことは頑張らないといけない。
けど、日本人は頑張らなくていいことを頑張り過ぎなんだよな。
スポンサーリンク
名無しさん
夜遅くに急な対応してくれる業者は実際ありがたい。
最近の若者は頑張らないからダメだ!と怒り心頭の役職者。
名無しさん
無理できるのは期間が決まっている短期のとき。
期間未定の長期では、途中で折れてダウンする。
名無しさん
成果そのものよりも、無理をして身体を壊さないと評価されないのが日本社会。

「がんばるな、ニッポン」サイボウズCM動画

話題となっている「がんばるな、ニッポン」サイボウズCM動画がこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました