安藤サクラ母親の安藤和津が20年間のうつ病を著書「“介護後”うつ」で告白

エッセイストの安藤和津(70)が18日、都内で著書「“介護後”うつ」(光文社刊)の出版会見を行った。06年に亡くなった実母・荻野昌子さん(享年82歳)の介護疲れ、また逝去した後も10年以上、うつだったことを告白。昨年暮れに克服し、今は次女で女優の安藤サクラ(32)が主演するNHK連続ドラマ小説「まんぷく」(月~土曜・前8時)を楽しみに「毎日スキップの気持ちで朝を迎えられる」と笑顔を浮かべた。

<引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000125-sph-ent>

スポンサーリンク
レクタングル大

この芸能ネタへのネットの声

記事、続き
著書では、うつから抜け出すまでの苦しかった生活がつづられている。会見でも「母を心底憎み抜いて、何なんだろうと思った。トイレでも『クソババア、死ね』って吐き捨てるように言ったりした。でも、何としても母に、1分1秒でも幸せを味わって欲しいと思って頑張りすぎた」と苦悩を明かした。
とおりすがり
お母様を心底憎み抜いた一方で、何としても1分1秒でも幸せを味わって欲しいと思って介護を頑張ったという、その複雑な相反した気持ち、わかるなぁ…。苦しかっただろうなぁ…。
様々な人生における困難をくぐり抜けてこられたご褒美として、どうか明るく幸せに暮らしていただきたい。
名無しさん
介護してくれる子に憎まれず、ヘルパーさんからも愛されるような老人にならなきゃと心を新たにした。今から怒らない、不平を言わない生活を心がけよう。
名無しさん
安藤サクラはいい題材に巡りあったし、ぴったりの演技を魅せてくれてると思う。
(*´∀`)♪
父の奥田瑛二も今は映画監督で忙しいみたいだけど絶えず安藤サクラの事は気にかけて応援してるんだって。
それにしても自分の両親、旦那の家族がみんな俳優ってすごい環境だなぁ。
名無しさん
私の母と同じ歳、70歳、まだまだこれから。やっと色々な事から解放されて、娘さんも活躍、楽しい事が沢山待っていますよ!
名無しさん
自分の親って痛い…介護うつ…それも実母を憎んだ…分かるなぁ~
実母と同居してる自分は介護になったら同じかも…
でも頑張り過ぎが自分では分からない
きっと笑えてないって思った時が和津さんが実感した時なんだろうね
今「まんぷく」で癒され良かった!しかしうつは完治は?だから
無理だけはしないで欲しいね
完璧主義だとなりやすいとか少しは正座を崩して好きな椅子で
ゆっくり観て欲しいね素晴らしい朝ドラ「まんぷく」!!
名無しさん
娘さんはイイ笑顔の女優さんやね~
名無しさん
鬱をつらい思いをしながら、実母の介護、立派に娘さんを育てて。これからの人生は楽しく過ごしてください。自分のために、
名無しさん
とってもサクラさんピッタリな役だと思います!明るい性格なお嬢様なんでしょうね。可愛く愛おしく思えます!毎朝楽しみにしています!
ka
コメンテーターでお見かけしても、いつも隙がなく賢い方だと思っていました。
一方で、モテる夫、奥田瑛二さんの妻としての大変さも話されてた覚えが。
自分の母の介護は本当に大変、優しく聡明だった時を見ているから、幼児のような我儘さにガッカリもしてしまう。
ご苦労されたんだろうと思います。
娘さんのドラマを正座して観るって、可愛いですね。サクラさんは親孝行してる。
私も前向きで明るい福ちゃんに、朝から元気を貰ってます。
wj
芸能界の鬱は多そう。楽しくなくてもいつも明るく元気な姿で人前に出なきゃいけない。
名無しさん
いつも晴れやかに見えたのに、影では壮絶だったんだなぁ
強くて優しく居ようと頑張った結果に鬱になったとしても、抜け出した時には必ず成りたい自分に近付いていると思う
gen☆☆
本当に大変な方は表に出て来ないよ。
名無しさん
私も思えば深刻なうつなら表には出られないって思いますね。
始めは軽度でTVに気付かず出てて実母が亡くなられTVから少し離れたのかな色々重なり闘病だったのか大変なうつは表には出られないよね。
gen☆☆

だいたい芸能人は都合いい時だけのネタだから。
tan*****
Moon_poweR
サクラさんはいろんな役をやっても、しっかり演じる素晴らしい女優さんだと思います。
今のまんぷくもまた、ドリカムの主題歌も福ちゃんにぴったりだと思う。
介護って病むととことんきますよね。
私はたった5年程でしたがよくわかります。
とくに介護から離れられたあと、どんと来ます。
あれ?私なんだったっけ?みたいな虚無感に蝕まれる。
和津さん、どうかこれからは自分のための人生を生きてほしいと願います。
お年を知ってビックリしましたが、まだまだこれから輝ける女性だと思います。
お年を聞くと驚くほどにお若いです。
名無しさん
うつは軽度でも本当につらい
筆舌に尽くしがたい
著名人がうつの経験を啓蒙してくれるのはありがたいことで、かつ大事なことだと思います
iQOS
毎日朝楽しみに観ております。福ちゃん役の安藤サクラさんは今までの役より真逆な役だと思いますが、意外な役で益々女優に磨きがかかってきましたね。これからも応援してます。
名無しさん
自分が鬱だと受け入れて自覚し
時には悪態をついたり
仕事に出られたり
それが出来て良かったですね
無自覚のままで突然命を絶つ人も
いますからね
名無しさん
人生の中の20年間が鬱か。辛かったですね。
鬱ってどういう状態になったら完治したというのだろうか?
熱が下がるとか、傷がふさがるとか、検査の数値が正常になるとか、そういうのとは違うから、目で見えないと何だかずっと不安のままな感じがする。
名無しさん
人それぞれでしょうが
私はお腹すいた〜と思った瞬間でした
ずっと食欲がなく体重も減っていき
気力体力も落ちていましたが
その瞬間から復活しました
名無しさん
昔は綺麗な方でした。自然に歳をとった姿が見たかったな。
名無しさん
母親違いのお姉さんに犬養道子さんがいましたね。姉妹とはいえ、20歳以上歳が離れていたら親子といえなくもないですが。
それにしても、和津さんとサクラさんは似てますね。
名無しさん
自分とは似てない家庭で育った人と結婚して
それが楽しいと言っていた
現実は両家の板挟み…
結婚は二人の問題では済まないのですね。
名無しさん
家柄、血筋だけではない努力が裏付けとしてあることは
娘さんの好演を観てるとよく分かる。
努力の積み重ねがいい作品との巡り合わせになるのだなあ。
hmc*****
名無しさん
奥田さん、失禁してしまったお母さまを背負ってくれたりしたそうですよ。家族とはいえ義理の仲、なかなかできないことです。
名無しさん
日経のコラム書かれていて、娘さんの受賞を本当にうれしそうに語っていた。
その背景は、大変だったんですね。
良かった、良かった。
名無しさん
うつって誰でもなりうるんですよね
乗り越えるには、家族の力が必要ですよね
名無しさん
残念ながら
鬱病の克服はない。。
また発症する可能性はあることを
自覚しておいたほうがいい。
+++haru+++
親との関り方もあるけど
家族の理解とか協力って大事
それだけで頑張る源にもなれば、苦痛としか思えなくもなる。
名無しさん
娘さんはお母さんを超えた。
お父さんも超えたのかもしれない。
たまにそういう二世いるよね。
お母さん。楽しく自分のための人生
送ってください。
名無しさん
苦難を乗り越えられて今はお幸せそうでよかったです。
名無しさん
子供の頃からこの人のしたたかさが大嫌い。
娘さんは魅力ある素敵な女優さんだが。
名無しさん
犬飼本家に迷惑かけてるよな。
名無しさん
そういう本を出すのは意外だね。
女優さんは極力私生活は隠したいと思っているんじゃないのかな。
もう年齢も年齢だし娘が女優になったし隠すものは何も無くなったのかな。
名無しさん
一瞬、安藤サクラさん親孝行したなぁ…とほっこりしたけれど、それ以上に、番組の人気を更に高めるであろう安藤和津さんのエピソードにかなりじーんとしました。子の活躍は親にとって何より嬉しいもの。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ