【訃報】漫画家の国友やすゆきさんが死去。ドラマ「100億の男」など作者

漫画家の国友やすゆきさんが、9月20日に死去したことがわかった。65歳だった。

ドラマ化もされた「100億の男」をはじめ、「JUNK BOY」「幸せの時間」「新・幸せの時間」などで知られる国友。週刊ポスト(小学館)で連載していた「愛にチェックイン」は休載に入っていた。なお死因は現在のところ公表されていない。

<引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000050-nataliec-ent>

スポンサーリンク
レクタングル大

この芸能ネタへのネットの声

名無しさん
マジかあ~。
「幸せの時間」好きだったなあ。
飛びぬけて絵がうまいという感じではなかったけど、一発で国友さんの絵と認識できる独特の画力があったと思う。
男女のドロドロした愛憎劇みたいなのは専売特許だったね。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
エロ系漫画、好きでした。
合掌。
名無しさん
自分も読んでました。
魅力ある女性を描く方でしたね
合掌
名無しさん
私もお世話になりました。ショックです…。
合掌
名無しさん
透明人間のマンガの人?
名無しさん
本当に漫画家は命を削る商売ですね。ありがとうございました。
名無しさん
この人の描く女性って男の理想みたいなんだよな。
名無しさん
ん〜また漫画家さんが亡くなった。
残念です。
名無しさん
これはほんと・・・(驚愕
名無しさん
透明人間の人ではないですね。ただし両方胸を書くのは秀逸でしたけど。
名無しさん
「幸せの時間」以降ドロドロの愛憎劇が専売特許な感じになった
けど「JUNKBOY」みたいな軽いノリのスケベな作品も好きだった。
@
ぬける漫画
名無しさん
読んだ事ないけど
どこの古本屋でもこの表紙をよく見かけたな。
今度読んでみるか。
それにしても漫画家が亡くなるニュース多いね。
頭と体を酷使する仕事だからなあ。
RAIZIN
上手いかどうかはさておき80年代後半~バブル崩壊辺りまでの絵の主流スタイルを体現したような作風だった。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
バブル崩壊まで漫画アクションを支えた作家
バブル崩壊後をアクション支えたしんちゃんの白井義人氏
双葉社アクション編集部の人間はこの二人の作家の命日には
墓参り行け。
E=mc²
漫画家って短命の人が多いね。
そりゃそうだ。
一日中座って漫画書いてて、
時には徹夜するハードワークで、
体に良い訳が無い。
アッキー頑張れ
妻をめとらばとか、ディーノとか、
味のある作品を楽しませていただきました。
マカンGTS
「妻をめとらば」も「ディーノ」も「柳沢みきお」じゃないか・・・www
アナタ、勘違いしてますよ・・・wwwww
名無しさん
でも間違えるのも分かる気がする笑
沙村山塊法師アミラ
御愁傷様でした…
名無しさん
作中の女性が色っぽくて好きだったなぁ。
ヤフオタニート
この人の描く絵は女の表情がいいんだよな
100億の男の元彼女の和美の濡れ場見たかったなぁ〜
敵のジィさんの生意気孫娘を犯して仕返しするとことか
最後、実は好きだったからとかの表情とかたまらんなぁ〜と思った。
残念です。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
未だ65歳・・先のさくらももこさんら漫画家さん達だけじゃなく各界50~60代の訃報が多すぎる。やがて日本の平均寿命は50~60代になるのか?・・
赤頭巾ちゃん007
ジャンクボーイはエロかった。
若者と女上司とのエロ漫画
buzhihuozhen
>>漫画家って短命の人が多いね。
そりゃそうだ。
一日中座って漫画書いてて、
時には徹夜するハードワークで、
体に良い訳が無い。

話は別の漫画家に変わるが漫画家、六田登の『Fエフ』も面白かった。
主人公はF-1を目指す日本人レーサー赤木軍馬が主人公の漫画だが、そこでライバルのジーザス・クライストが言った言葉が興味深い。
『僕はレースでは死なないよ、レースは職業だからね、人生じゃない』。
自分の職業を人生にしてしまう日本人は多いのかも知れないね。
だが、それこそが『THE日本人』なのかも知れない。
とある遊び人
こっちはAD物語で記憶に残っていますね。
名無しさん
土山しげると言い、さくらももこと言い、残念だなぁ…
名無しさん
逆上した男に襲われたり、頬っぺたひっぱたかれて唖然としてる女性の顔を描かせたら日本一の漫画家さんでした。
幸せの時間は好きでそれ読みたくてアクション買ってました。残念です。
名無しさん
自分は大学生の頃読んでいた「JUNK BOY」だけだったけど、結構印象に残る漫画だったな。エロイメージが先行していたけど、結構奥が深かったので全巻揃えましたっけ。少年ジャンプ全盛の頃だったな。
名無しさん
「100億の男」懐かしいな〜。毎週月曜に喫茶店で読んでたのを思い出しました。ビジネスとエロと笑いがミックスしてサラリーマンの心を掴んだ作品だったと思います。心からご冥福をお祈りします。
名無しさん
緒方直人と鷲尾いさ子でドラマ化されました。
名無しさん
何気にあの作品はギャグ漫画でしたね。
ruka
ギャグで始まったけど、シリアスで終わった感じがします。
名無しさん
不倫愛憎劇が代表作になってるけど、敢えて代表作は「JUNKBOY」
を推したい。
名無しさん
強姦漫画ね
名無しさん
ほお
名無しさん
派手にエロくないし強姦まんがってほどじゃない。会社舞台のちょいエロで親近感と感情移入ができて好きだった。主人公ハンサム設定だったから女性も好きかもね
名無しさん
あれがゴーカンなら(まあサキはその通りなんだけど)島耕作とかそれ以上やないかい…
んでも今思うと、この暗澹たる20年を暗示する漫画だったなあ… 閑職からの巻き返し、ギャンブル株、デリバティブ、仕手戦にくわえて、アメリカ型大型ショッピングモール開発や銀行の貸し渋りとか。なんかこう、そう思うと思い入れのある作品だなあ…
今までありがとうございました
名無し
クソつまらなくて絵が下手過ぎる100億の男が割と長期連載になったころ『スピリッツも終わったな、ギャラリーフェイクの単行本抱け買えばいや』と思って読むのをやめたw
コメントを書くxero
エロと人間心理の巨匠。
まだまだ作品を読みたかったですね…。
残念です。
謹んで御冥福をお祈り致します。
名無しさん
週刊ポストの連載が休んでいたけど、まさかこんな形になるとはビックリです。謹んでご冥福をお祈りします。
しかし今年は連載継続中の有名漫画家が亡くなる年だな。「ちびまる子ちゃん」のさくらももこさん、「鮫島最後の15日」の佐藤タカヒロさん。
名無しさん
ずいぶんお世話になりました。
名無しさん
お世話になりました。。
名無しさん
裸のない巻が無くて好きでした。
名無しさん
漫画家は皆短命だと小林源文氏はしょちゅう言っている、売れても
売れなくても。売れて作品も名も残して長生きするのは一握りだと。
名無しさん
お世話になった人がこんなにたくさん! 今でもお世話になっています。これからもお世話になるかもしれません。
名無しさん
すみません。なぜ亡くなったか公表してないとは病気かどうか分かりませんね。病気とおもってた自分はすみません。でも悲しいです。
デイリーザキヤマ、
と遊人、
名無しさん
本当にお世話になりました。
自分のなかではサラリーマン金太郎と同列にある漫画シリーズです。
名無しさん
死因、心不全と他サイトに書いてましたがそんなに体調悪かったんですかね?
歌手活動もしてたし、福岡の成人漫画協会みたいなのにも入ってて充実してたような。
名無しさん
シリアスとエロスとコメディが絶妙なバランスで展開されていた作品が多かったです。
まだまだ活躍するかと思いましたがあまりにも急な訃報でした。
慎んで御冥福をお祈りいたします。
gdy
赤星たみ子さんの胸中や如何に。
名無しさん
AV顔負けのデフォルメ感の無いリアルなSEXシーン、主人公や登場人物が倒産やリストラや借金などで決まって不幸のどん底に落とされるシリアスな設定、不倫や援交や熟女売春など様々なタブーの描写…
決して読者を幸せな気持ちにさせない作品が多かったのですが、そのハードぶりに惹かれた読者も多かったと思います。御冥福をお祈りします。
名無しさん
バブル期の雰囲気を描いた漫画家といえば柴門ふみと国友やすゆきが自分の中で双璧だった
あのいかにも青年漫画向けのゴージャスと下品が同居する時代を描く第一人者でした
ご冥福をお祈りします
名無しさん
同意です。
柴門ふみの夫の弘兼憲史や早乙女正幸や、わたせせいぞう等と並ぶ時代の雰囲気を描く漫画家のお一人だったと思います。
御冥福をお祈りします。
名無しさん
俺にとっては
「右曲がりのダンディー」や「めいわく荘の人々」が
バブルのイメージかな。
本宮ひろ志の「サラリーマン金太郎」が暴走族上がりの社員という、お得意の荒唐無稽さと力技で他を圧倒してましたが
崩壊後の息苦しさから逃れる一息の清涼剤になったと思う
名無しさん
漫画家って顔が見えないから作者の年齢とか考えないけど、もうこの人も還暦過ぎてたんだね。
世代考えると納得ではあるけど
名無しさん
小林源文氏がよく言っている、漫画家は短命だと。
松本零士や新谷かおるのように売れて名前も作品も世に残せて
あの歳まで生きられるのは稀だと。
とある遊び人
大島やすいち氏もコンスタントに新作を出して第一線を走って来られていますが何故かこっちが見る雑誌に出会わない不思議。
娘さんの大島永遠氏の作品には出会うのにな。
名無しさん
バツ&テリー描いてる人とはーいステップジュンを描いてる人は同じなんだよ
とある遊び人
大島やすいち氏は娘さんの漫画「まんが家族」に描かれているように急に倒れられたこともありますから健康について、ちょっと心配。
名無しさん
あの頃の漫画は今の漫画と違ってブームみたいに”真似”が出来ない漫画家が多くいたよな…ご冥福をお祈りします。
名無しさん
中高生の時から国友先生の作品を色々読ませていただいてきました。巨乳だけど乳首が小さく美乳の女性像が印象的だったな。決して下世話な話をしたいわけじゃないんだけど。人間いつしか逝くんでよね遅かれ早かれ。そんな中直接ご本人と接することなくとも作品に触れ時が経っても作品として残ることを選んだ漫画家としての功績は素晴らしいと思います。ありがとうございました。ご冥福ををお祈り致します。
名無しさん
幸せの時間見てたな~。
男と女が快楽に溺れて転落していく物語に
つい惹き込まれていた。
新・幸せの時間も結局息子が父親と同じ
いや父親以上の悪党になってたし。
結構好きな作品でした。
ご冥福をお祈りいたします
名無しさん
普通の人妻が不倫してしまうって
現実の世界でも結構ありますので
リアルな漫画でした.
名無しさん
原作では家庭の崩壊度が進む度に、ヒキのコマでローンで買った
家にヒビが入っていくのが好きでした。
名無しさん
↑ヒビのシーン
だいぶ前に読みましたが、こんなに鮮明に印象に残る漫画は多くないです。
名無しさん
でも妹は年の差婚で幸せになったよね。
新・~の良ちゃんの語りで知った。
ロック歌手の彼女がバーのママになってて、彼女の店で話してた
(そしてその後いつもの展開・・ああっ♪)
名無しさん
非現実的なエロスは独特な世界観で好きだった。
性に対する尽きない男女の欲望を追求した描写は
過激だったが、男のロマンであり願望でした。
心よりご冥福をお祈りします。
名無しさん
主人公が泥沼にハマっていく姿とエロが好きで、幸せの時間、続〜もすべて読みました。ご冥福をお祈り致します。
名無しさん
AD物語や企画アリも好きだった。昔は理髪店にも置いてあり急にエロ感が全開になるのに驚いた記憶がある。  ご冥福お祈りします。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ