三田佳子さん頸椎硬膜外膿瘍で「四肢の麻痺も覚悟」の手術

昨年10月末に頸椎(けいつい)硬膜外膿瘍(のうよう)で入院し、手術を受けたことを10日のブログで明かした女優・三田佳子が14日、ブログを更新。「今回は四肢の麻痺も覚悟しました」と両手、両足の麻痺を覚悟するほどつらい闘病だったことを明かした。

<引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000108-dal-ent>

スポンサーリンク
レクタングル大

ネットの声

記事、続き
三田は昨年秋から首の痛みに悩まされ、日増しに酷くなったことから病院を受診したところ、10月末に頸椎(けいつい)硬膜外膿瘍と判明。そのまま即入院、手術となり、年末まで2カ月近く入院した。
14日のブログでは、「ドレナージ手術に抗生物質の投与。私にはとても辛い日々でした」と告白。「硬膜外膿瘍とは、脊髄を取り囲む硬膜の外側に化膿菌による膿瘍ができ、脊髄などを圧迫する病気です。原因菌はブドウ球菌のことが多く、からだの各部の感染症に引き続いておこるようです」と自らの病気について説明した。
花と龍
この方もいろいろと苦労が多いですねぇ。
名無しさん
元気になって良かったですね。
ところで腫瘍である息子はどうしてるのかな?
hageti
昔高額納税者番付で松本人志を差し置いて1位に何度もなってたな。
でも息子の覚醒剤事件の煽りを受け芸能活動縮小せざるを得なかったのは可哀想だった。
脆弱性ビオレ
何で四股?と思ったら四肢でした。
名無しさん
息子からクスリ譲ってもらえば元気になる
名無しさん
とにかく快方に向かってるのは何よりです。
ところであの息子さんはいま何やってんだか。。。
xxx
色々と書いてる人いるけど、子供はいつまでたっても子供なんですよねぇ
名無しさん
もうすでに亡くっなってる人だと思ってました。
名無しさん
回復されてなによりです。
しかしながら万が一麻痺があったとしても、愛情をたっぷり注いで育てた息子さんが地下室で面倒を見てくださると思いますよ。
名無しさん
この病気は珍しいんかも知れないけど、この年齢になればどっかしら壊れてくるんだから検診はマメに行かないとね。
oda*****
名無しさん
最近お見かけしないなと
思ってましたが闘病されていたのですね
無事に退院されたようでよかったですね
子の因果が親に出てしまったのでしょうかね
名無しさん
大事に至らなくて良かったです。
色々ありましたからね
ムリはされませんように…
glorreicherevo
自分のことはおいといて、息子をなんとかすべきじゃない?
sttccdmmn
親不孝なシャブシャブ息子はお元気?
名無しさん
歳を重ねるごとに色々と支障が出てきます。
中古車の経年劣化と同じですので覚悟とか大層な言い方はやめましょう。
kiki
このかたで印象深いのは、映画 敦煌。
輝くほどの存在感と美しさで、画面を満たしていました。
この頃からしばらくが絶頂期だったと感じる。
息子さんの不祥事が重なってあまりお見かけしなくなった時期がありますね。
女優の高畑さんも、息子さんの不祥事後、姿をほとんど見ていない気がします。(声での出演は、先日ありました。)
また活躍してほしい気もします。
名無しさん
執刀医はドクターx?
名無しさん
歳をとれば、必ず悪い所が出てくる。
寝たきりにならず、ピンピンころりと逝きたいものです。
名無しさん
子育ては大失敗。
しかし、役者、演者としては、大成功。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ